深夜の宅配便

ブラジル系,ジャズ系,フォーク系とストライクゾーンの広いギター弾きです.【2005.05~】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分のギターは自分で調整しようと思い立ち,こんなものを購入してみました.HOSCO製のNut File(TL-NF10)です.

hosco.jpg

このヤスリの凄いところは,削った溝の底が半円形に近い形になることです.これは通常の目立てヤスリではできないでしょう(要確認)

アコギの調整の中でもナットの製作は,素人さんは手を出しちゃいけないよ,と感じていました.なのに楽器店で,牛骨製のナットブロックが売られているわけで「こんなもの買う人がいるのかいな?」と思っていました.サドルは加工も比較的し易いので紙ヤスリで削ったりしていましたが,ナットは弦の溝切りの加工方法がわからずに困っていました.中学生時代にカッターでガリガリ溝を切って失敗した経験があるのも青春のリグレットなのですが.

そんな私がその気になったのはここを見たからです.

あとは専用の接着剤とシックネスゲージを入手して,ぼちぼちと作業を開始してみます.さて,どうなることやら...
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://sonosono.blog10.fc2.com/tb.php/35-1170c717
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。